about

ipadaとは?

ガラス作家 濱舘寛と村木未緒が手がけるガラス製品のブランド名です。
素材の持つ美しさをシンプルに引き出すこと。
普遍性のある形をピュアに求めること。
そのような理念のもとにデザイン・製作をしています。
海と山に囲まれた風祭のアトリエからお届けします。

私たちはipadaの活動と平行して個々の制作活動もしています。
それぞれのバックグラウンドからくるインスピレーションをもとに、作品を作っています。
ガラス工芸というと、吹きガラスや、江戸切子などをイメージされる方も多いと思いますが、
その他にキルンワーク(電気炉による焼成)やサンドキャスト(砂型鋳造)など様々な技法があります。
私たちは様々な技法を組み合わせることで、新たな表現の可能性を探っています。

詳細は→ http://www.ipada.net

*ブログでは展覧会情報や制作風景をお知らせします。(工房の日常も)